テレビアンテナ工事以外の対策~漏電を防ぐ電気工事~

雨に強い電気工事を依頼

専門的な業者による電気工事のサービスには、アンテナ工事以外にも、雨による被害を防ぐための工事も含まれています。

雨による被害を防ぐ電気工事

漏電ブレーカー
自宅のブレーカーに漏電ブレーカーが付いているか確認しましょう。漏電ブレーカーが付いていれば、自宅で漏電した場合、電気が流れないように自動的に電源を落としてくれます。漏電を放っておくと火災に繋がるため、この漏電ブレーカーが付いていることで大きな被害を防ぐことができます。さらに、適切な操作で漏電箇所も確認することもできます。
換気扇の通気口を交換
換気扇から雨水が侵入してくることは少なくありません。雨が入り込まないために、通気口部分にフードを取り付けることでも雨が換気扇から侵入することを防げます。業者にフードの取り付けを依頼すれば雨漏りを防ぐことができ、またしっかりとコーキングもしてくれるので、それにより換気扇の劣化を防ぐこともできます。
防雨コンセントとスイッチ
外に設置されているコンセントやスイッチは家の中にある通常のタイプのものだと雨が降ったときに漏電しやすいです。外に設置されているコンセントは下から差し込んで使用する防雨タイプのものに、スイッチは蓋が付いている防雨カバーを取り付けることができます。このような対策を電気工事業者に依頼することで漏電を防ぐことができます。

まとめ

業者

電気工事業者に依頼するとこのような様々な対策工事をしてもらえます。雨の多い地域に住んでいる人や自宅の電気関係で不安な部分がある人は、まず電気工事業者に相談してみましょう。

TOPボタン